jフェスの写真です。
8322DBFB-9BB9-4794-8557-79F773B3B1F9

shyboysのメンバー、教え子のバンドunknown、フィナーレの様子。
2D5CF93D-7656-4B35-87EE-77149A4824A8

jフェスは「若手芸術家育成」と題したイベントでして。チケット販売や広報活動、舞台の設営も含めて、出演者とスタッフが協力して作り上げるイベントです。
EEFC61E0-1E28-4767-9BBE-98FD82AEBD47



ロックミュージシャンの定義は、僕の解釈ではスポーツで例えると、選手兼監督兼フロントといったところでしょうか。「ヘタクソでもバカでも、やるべきことは自分達でやる」という気概が大切です。「オファーが無いならチームもリーグも俺が作る」という。演奏さえ上手ければ周りがチヤホヤしてくれる程、世の中甘く無いですから。
A4AC6EAF-03B9-4111-A1BD-98EC0D0E0132



今回嬉しかったのは、教え子達が朝早くから夜遅く
まで、設営や撤収作業を頑張っていたところです。毎回のことではありますが。
71F48DFD-DD0B-457A-B71F-F245D19F0CC2



華やかなステージに立ってスポットライトを浴びるのはほんの一瞬。それよりも、大勢の人の支えがあって、その中で一緒に汗を流し何かを感じ、世の中を生きる糧になればと思います。



百戦錬磨の舞台の裏方さんや事務方の、プロの仕事が間近で体感できる。これだけでも十分に価値があります。僕も毎回楽しみだし、若者にとっても最高の教育だと思います。



「世界」は海外とか物理的に離れた場所ではなくて、目の前に広がる景色全て。「スター」はテレビの有名人ではなくて、自分で見つけて育てるもの。自分達で楽しみを創造する、街は自ら興す。そういった自発性が芽生えるキッカケになると嬉しいです。



僕は若者の前では「彼のカレーは辛え」とか「オレんちの、オレンジジュース」「孟子が申した、孔子がこうした、私はタワシ渡した」「政治家が好きなのは、そう政治とソーセージ」などとリズミカルに下らないダジャレを連発するだけで、音楽の話はしません。まあ、大人の不条理さを学んでくれたとは思います。



かの徳川家康は「親と主人は無理と心得よ」と言ったそうです。つまりそういうことも含めて、肌で感じたのではないでしょうか。あはは、可笑しいね。


来てくれたみんな、最高に愛してます。また来年会いましょう。バイバイ!また、ちょいちょい写真をアップしたり、近況を報告します。

C429FBB5-0B43-4791-B75B-D9101F372EC1


ちなみに、写真を撮ってくれたのは実弟の慶です。うん、プロの仕事ですね!